コロナ禍で注目の24時間換気システム!一条工務店のロスガード90とは

一条工務店

コロナ禍で注目の24時間換気システム!一条工務店のロスガード90とは
三密厳禁、換気必須の新型コロナウィルス感染症対策。
マスクや除菌など外出先で予防対策も必要ですが、家庭での予防対策も必須です。
家の換気は大丈夫?24時間換気システムって?
一条工務店では熱交換気システム「ロスガード90」という換気システムもあるけど、それってどうなの?
ここではコロナ対策に必要な24時間換気システムについてを深掘り。

24時間換気システムとは

2003年7月以降に建てられた家は、24時間換気システムが義務づけられています。なので、その時期以降の家にお住まいの方なら、24時間換気システムが稼働していて、換気がされているはずです。
それ以前の建物だと、24時間換気システムが設置されていないでしょうから、窓を開けたりなど、工夫が必要ですね。

24時間換気システムは、装置が稼働している状態なら、窓を閉めていても室内の空気は2時間でいれかわります。各部屋にある換気口から新鮮な空気を取り入れ、トイレやお風呂場の換気扇から空気を排出する方式が一般的。
とりあえず、24時間換気システムがあるなら、安心のようです。

一条工務店のロスガード90

一条工務店の換気システムは「ロスガード90」があります。
どのタイプの家にも対応していて、標準設置なので、料金に含まれているということ。

ロスガード90の特徴

・標準仕様

100万以上の料金が発生する換気システム。一条工務店の「ロスガード90」は標準仕様なので別料金が発生しません。

・熱交換型

一般的な自然給気型の換気システムは、空気と一緒に室内の熱を捨ててしまったり、逆に不快な外気を取り込んでしまうことが。
一条工務店の「ロスガード90」は、新鮮な外気を室温に近づけて取り入れます。なので室内の温度(冷暖房使用の温度)と違わない温度で空気の入れ換えが可能。

夏は、温度を85%、湿度を80%交換。
冬は、温度を90%、湿度を82%交換。

・高性能フィルター

換気のフィルターは目が細かいほうが良いですが、換気の弊害になることも。
一条工務店の「ロスガード90」の高性能フィルターは、花粉除去率99%。家の中の空気はキレイに保たれます。

・最大90%の温度交換効率

温度交換効率は、排気によって本来捨てられる快適な温度をどれだけ室内に戻せるかの回収率のこと。一条工務店の「ロスガード90」は温度交換効率が最大90%。例えば、室内温度が20度なら18度の空気を外から吸収するということ。
一条工務店の「ロスガード90」は、湿度と温度を交換するのに、対向流型を採用。温度、湿度を受け渡す面積が広いので効率よく新鮮な空気を取り入れることができます。

・省エネ効果

新型コロナウィルス感染症対策とは直接的な関係性はありませんが、一条工務店の「ロスガード90」は省エネ効果に優れています。
冬の暖房費が一般的な換気システムだと約58,000円。それが一条工務店の「ロスガード90」だと約19,000円になるというから驚きです。

24時間換気システムの注意点

スイッチを切っていては意味はありません。必ず、スイッチはONに。
フィルターの交換を忘れてませんか?汚れたフィルターはNGです。
排気口が家具などで塞がれていたら意味ないので注意です。

一条工務店の「ロスガード90」を設置する前に

ロスガードを設置するのに0.5畳ほどかかります。間取りプランでどこにするかをよく考えないといけません。
さらに、家具などで排気口がふさがれないように、各部屋に置くインテリアのことも考えてプランを練らないと失敗します。
それから、窓の位置なども視野に入れ、いかに空気の流れがよくなるか、その点も注意していこうと思います。

コロナ禍で注目の24時間換気システム!のまとめ

今回は、コロナ対策ということで、24時間換気システムについてを調べました。一条工務店の「ロスガード90」は標準というのは嬉しいですね。
あとは掃除が楽ならいいのだけど。これは、どのメーカーでも大差はないようです。フィルター交換は面倒でもキチンとしておかないと。

コロナが消息しても、換気は大切なこと。これをきっかけにして、部屋の空気の入れ換えには気を付けていこうと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました