一条工務店i-smart(アイスマート)の間取りプラン!後悔しないためのノウハウ

一条工務店

一条工務店i-smart(アイスマート)の間取りプラン!
家を建てるのに、とても大切なのは間取り。建坪や料金によって、間取りはググっと変化する。
自分のライフスタイルに合わせた間取りにしておかないと、後で後悔することに。
一度建てたら、なおすなんてとても難しい。
一条工務店i-smart(アイスマート)で家を建てるなら、どんな間取りがいい?
間取りで後悔しないためのノウハウを公開します。

一条工務店i-smart(アイスマート)の間取りプラン

一条工務店i-smart(アイスマート)は自由設計。
家族のライフスタイルに合わせた間取りを考えるのが基本です。
家族構成、家のサイズ、料金などを加味して、デザイナーにお任せしてると、いくつもの間取りプランを提案してくれます。

間取りで後悔しないために

間取りで後悔しないために、その1

ライススタイルを考える

ライフスタイルに合わせた間取りは必須。
でも、このライフスタイルは、子供の成長などで変化していきます。
小さなうちは親と一緒に寝ていても、成長すればひとりで寝るように、ライフスタイルはどんどんと変化します。
ここで、大切なのは、現在のことだけじゃなく、未来的予想をと入り入れたライフスタイルで間取りを考えること。

現在でも通用して、未来にも通用する、そんな間取りを考えることが大事。

間取りで後悔しないために、その2

必要と不必要を分ける

各部屋の窓の場所やクローゼットの有無、棚など、よく考えないといけませんね。
私は本好きなので、本棚が欲しいなと考えていますが、夫は本など読みません。
息子はマンガ本が山積みになっています。
ここから考えると、本棚はリビングには必要はなく、子ども部屋には必要か、あるいは、余裕があれば、本だけを収納する場所を作るかと考えています。
本棚ひとつでも、必要な場所と不必要な場所があるのですから、他にもたくさんありますね。
そこをキチンと整理していかないと、不必要なものを変な場所に作ってまわないように考えてるのが大切かなと思います。

窓の位置に関してもできる限り空気の道ができる感じ。換気がよくできるように考えていくのがベストですね。

間取りで後悔しないために、その3

広さと部屋の繋がり

しっかりと壁で区切るか、ドア1枚で繋げるかも、大事な要素。
リビングから繋がる和室とかが必要か否か。
子供部屋は確実に孤立させるか。
階段はリビング内にあるといい、とか。
また、キッチンと洗面所は繋げるなど、生活しやすさ、掃除のしやすさも視野に入れていきたいと思ってます。

間取りのプロと相談して決める!

間取りシミュレーションが無料でできるアプリがあります。
利用してもいいかもしれませんが、最終的には間取りはプロと相談して決めるのが一番だと思います。
あれこれと何度でもわがまま言ってもいいと思います。
納得できるまでは、何度でも間取りプランを考えていくべきだし、設計図もお願いしていこうと思います。

後悔しないためには遠慮は禁物。
まずは、家族の意見を聞きながら、あれこれと練ることが大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました