一条工務店「i-smart(アイスマート)」の家で大人の個室を作る!?広さや利便性など

一条工務店

一条工務店「i-smart(アイスマート)」の家で大人の個室を作るか作らないか。
子どもは子ども部屋があるけれど、夫婦は夫婦で一部屋のプランが多い。
男性には書斎が与えられているけれど、じゃぁ、主婦はいらないの?
「いや、いるでしょ!」というのが私の意見。
一条工務店「i-smart(アイスマート)」の家で大人の個室を作る場合の広さや利便性などを深堀りします。

一条工務店「i-smart(アイスマート)」の家で大人の個室を作る

間取りプランをたてる中、子どもには子ども部屋があるわけで、それなら大人も個室が欲しいよね、と思わず家族の前で言ってしまいました。
今はテレワークが増えていて、テレワーク部屋を作る人も増えてきているそうです。
それなら、あとからリフォームするよりも、最初からテレワーク部屋でも個室でも、作っておくべきでは。
その方が、金銭面でもお得だと思います。
我が家の夫はテレワークをする仕事ではないので、そんな部屋はいらない。しかも、何かをひとりで学ぶ人でもなく本を読むわけでもなくテレビさえあればいいタイプなので、書斎など不必要。

となると、私だけが個室が欲しいとは言い出せない、と考えてはいましたが、ここは人生を楽しむためにも、絶対に大人の個室が欲しいと思っています!
ということで、大人の個室について、あれこれとプランを練ってみました。

大人の個室

大人の個室・広さ

大人の個室をどう利用するかで広さは違いますね。
デスクとパソコン程度なら、3畳くらいでもOKだと思いますが、絵を描くとかいうなら、それなりの広さも必要でしょう。
あくまでも、趣味や仕事部屋とするなら、そんなにも広くはなくてもOKだとは思うけれど、ベッドも置いたりするなら、普通に子ども部屋程度の広さは必要になってきます。
これは寝室を夫婦同室にするか別室にするかで違うかと思われます。

大人の個室・利便性

なにが便利かって、自分だけの空間なら、ちょっとぐらい散らかっていても大丈夫。
仕事や趣味を途中のまま、家事をすることもできます。
例えば、パッチワークを作るとして、その作業中のまま席を立って、キッチンへ行けばいいこと。
もし、大人の個室がなかったら、いったん、お片付けしてということが多いと思います。
それがない分、ストレスは軽減
また、続きは個室に戻ればすぐできるから、楽ちんです。

大人の個室・場所

リビングの中に、主婦向けのスペースがあるモデルルームがありました。
それなら、家族の顔を見ながらも趣味のことなどができるという説明あり。
それもいいかもしれないけど、ある程度は広さが欲しい。
(そのモデルルームで見たものは、ただデスクがあって、ちょっと囲いがある程度でした)
まずは、大人の個室を作るなら、間取りの段階でその場所をミスらないようにしておくべきですね。
リビングとつながる場所が、一番いいかなと思います。
なんたって、主婦は忙しいから、家事と両方ができたりしたほうがいいのです。
男性は、逆に2階などのほうがいいかもしれませんね。

大人の個室・必要な物

それぞれに違いはあるでしょうが、最初から作り付けのデスクは必須。
あとはできれば本棚など。
さらに欲を言えば、クローゼット。
なんだかんだいいつつ、自分の物は大人の個室に置いてしまいたいと思います。

一条工務店「i-smart(アイスマート)」の家で大人の個室を作るのまとめ

男と女は平等。なので、主婦も大人の個室をもってもOK。
建坪や料金を考慮しながら是が非でも大人の個室を作ろうと思います。

楽しみ♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました