【地鎮祭とは】一条工務店i-smart(アイスマート)で家を建てるのに地鎮祭は必要?それとも、不必要?

マイホーム 地鎮祭

一条工務店のi-smart(アイスマート)で家を建てようと計画中。
そういえば、家を建てる前に地鎮祭をするだと、気づきました。
今更という感じもしますが、そもそも地鎮祭て何?地鎮祭は必要?
今回は、地鎮祭について、一条工務店のi-smart(アイスマート)で家を建てるときの地鎮祭についてを深堀り。

地鎮祭ってなに?

地鎮祭とは

地鎮祭(じちんさい)とは、家を建てる前に、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用してもらうことをのお許しをもらうことです。
神式と仏式があり、神を祀り工事の無事を祈る儀式が地鎮祭。

一般的には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲います。場合によって、赤白の横断幕を張ることも。
その祭場の中には、木の台を備え、中央に神籬(ひもろぎ)を立てて祭壇にします。そこに、お米、お酒、魚、野菜、塩、水などのお供え物を供えます。
参列するのは、施主と工事関係者。

地鎮祭
地鎮祭

地鎮祭の日取り

十二直という暦注を元に選定した建築吉日(建、満、平、定、成、開)から日取りを決めます。
大安なら大丈夫と考えていると違うので注意です。大安でも、十二直の三隣亡(凶日)に当たる日は避けるという風習があります。

地鎮祭の流れ

だいたいが神式で行う地鎮祭。
流れはこんな感じです。↓

  1. 開会の儀
  2. お祓い
  3. 祭壇に神饌(しんせん)を供える
  4. 祝詞(のりと)をあげる
  5. 現場を祓い清める
  6. 地鎮の儀
  7. 玉串を祭壇に捧げる
  8. 神饌を下げ、神様にお帰りいただく
  9. 乾杯
  10. 神饌品のおさがりをいただく
  11. 閉式の辞

地鎮祭の服装

基本的に強制はありませんが、お祝いの場ですから、ある程度はキチンとしたファッションがいいかと思います。
ご近所へご挨拶する場合もあるので、第一印象は大事なので、スーツなどが一般的。

地鎮祭っていくらかかるの?

なんだかんだといっても、やはり気になるのは地鎮祭の費用。
地鎮祭のお金はちょこちょこと払う感じです。

玉串料(初穂料)

神主への謝礼で相場的に2~3万円。
のし袋に入れてお渡しします。

お車代

神主さんが車などできた場合はお車代をお渡しします。
白い封筒に「お車代」と書いて渡します。
距離などによりますが、5千円くらい。
こちらから送迎すれば、お車代は必要ないので、できれば送迎したほうがいいですね。

竹、縄、砂など

いわゆる材料費。だいたい1万くらい。

お供え物代

お米、お酒、魚、野菜、塩、水などのお供え物代です。
1万くらいが目安。
神社により、お供え物代が含まれているときもあります。

挨拶代

地鎮祭を行う土地のご近所さんにご挨拶をする場合。
タオルくらいでOKだと思うので500円程度で十分かなと思います。

その他

そのほかに、お食事代や神主に手土産のお菓子など、必要であれば費用が発生します。

一条工務店i-smart(アイスマート)の地鎮祭

地鎮祭はハウスメーカーによって違うとかいうことはありません。
古くからのしきたりなので、変わりはないですね。
問題はそこではなく、地鎮祭が必要かどうかというところ。

お金のかかることですし、仕事も休まなくてはいけないこともあります。
だいたい8割の人が地鎮祭をするのだとか。でも2割の人は地鎮祭をしていないので、ここは家族と相談の上、決めていくのがいいかと思います。

とりあえず、地鎮祭についてを調べてみました。
今回は、地鎮祭について、一条工務店のi-smart(アイスマート)で家を建てるときの地鎮祭についてを深堀りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました